"戦術機"というまったく新しい概念の兵器を軸に『オルタ』の世界観、歴史など全てを網羅した究極の設定本がついに完成!
「当初はメカニックを軸にした書籍の製作を進めていたが、編集スタッフ、ライター陣の全員が乗りに乗ってしまい、気が付いてみれば『オルタ』世界を構築するのと等しい作業を行ってしまった――」(TECH GIAN編集部)
 『オルタ』世界の創造者である吉宗鋼紀氏への度重なる取材を経て、まとめられた膨大な設定はまさに圧巻の一言! 160ページ前後だった企画時のページ数も、製作を進めるうちにどんどんページ数が増え、結果的に当初の倍以上の352ページにも増大! 美少女ゲームというジャンルの中で『オルタ』という傑出作を作り上げたアージュのマジバカに100%向き合って作った、エンターブレインの本気のマジバカをとくとご堪能あれ!
 『MUV-LUV ALTERNATIVE INTEGRAL WORKS』に於ける誤植箇所を下記リンクのように修正させていただきます。なお、当修正は第2刷より反映をさせていただきます。修正リストはPDFファイルとしてダウンロードいただくことも可能です。ご迷惑をおかけしましたことを謹んでお詫び申し上げます。
 戦術機の構造、性能、兵装、コックピット、輸送・整備方法、開発史などを、ゲームの開発資料として作られた膨大なメカデザインや設定資料と共に徹底解説! また、戦記モノで活躍中の小説家・内田弘樹氏による戦術機整備士にスポットを当てた書き下ろしSS「メカニックス・メモランダム 戦術機整備員達の戦い」や、伊隅ヴァルキリーズの一員だった築地多恵の知られざるエピソードが語られる書き下ろしSS「追憶 Recollection」なども必読!
 加藤直之氏、Niθ氏、吉成鋼氏、フヂロウ氏、天神英貴氏、木下ともたけ氏、射尾卓弥氏、小笠原智史氏など、各界で活躍中のイラストレーター陣による戦術機イラストを多数掲載! その描き下ろし点数はなんと70点以上!!
 BETA&ハイヴの詳細解説、作中での2001年時点の世界各国の状況や各国の軍隊など、本邦初公開となる『オルタ』の世界設定を一挙公開! また、12・5事件、甲21号作戦、横浜基地防衛戦、桜花作戦の4大作戦については、詳細な戦域マップと共に、各作戦の経緯を徹底解説している。
 "戦術機や凄乃皇のメカニックデザインが生み出されるまで"をテーマに、吉宗鋼紀氏&Niθ氏にロングインタビューを敢行! 撃震や不知火、吹雪、武御雷など、戦術機デザインがいかにして誕生したのか? を紐解いていく。また、インタビュー「『マブラヴオルタネイティヴ』を形作るもの」では、『オルタ』の世界観がどのようにして生み出されていったのかを、吉宗鋼紀氏に直撃! 15年前に産声を上げたという『オルタ』の"原型"が今、明らかに――!
©âge,ixtl All rights reserved.